恐竜の絵本なら手作りの大切家へ


恐竜の国での冒険

〜ストーリー紹介〜

ご注文はこちらから

-こんなときにオススメ!-
お誕生日・ご入園・ご入学・ご卒業
子供の日・ひなまつり・クリスマス
読み聞かせに


いろんな恐竜たちと主人公(お子様)が仲良くなるおはなしです

赤くなっている文字をあいてにあてはめてお読みください

内容見本は男の子ですが、女の子も充分楽しめる内容となっています
赤くなっている文字以外の変更はできません


たいきちゃん きょうりゅうのくにをいく

あなたにおくる おはなしえほん

 

ジョーゼフ・フィッタント作
あき よしこ訳
ヴァレリー・ウェブ画


きむら たいき さま

これは あなたのために
とくべつに つくられた おはなしのほんです。

 やさしい たいきちゃん
いつまでもそのままでいてね!

20031020

パパとママより


たいきちゃんは 7さい。
ふとんのなかで、ねがえりをうって ゆっくりとめをあけました。でも、すぐに めをつぶりました。
「まさか! ユニコーンのはずがない!」
たいきちゃんは いま みたものが しんじられなかったのです。
もういちど おそるおそる めをあけてみました。
そのどうぶつは やっぱりいました。
「おはよう、たいきちゃん。きょうは きみの ねがいごとをきくために ここに やってきたんだよ」
ユニコーンは ささやきました。
「・・・・・・えーっと、 ・・・・・・そうだ! きょうりゅうのこと、もっとしりたいんだけど・・・・・・」
たいきちゃんは こたえました。

「そんなことなら、まかせといて!
これから、きょうりゅうのくにへ 
つれていってあげるよ。よういは いい?
さぁ、しっかりつかまって!」
たいきちゃんをのせた ユニコーンは、
おおぞらに とびたちました。

たいきちゃん と ユニコーンが
ついたのは、うつくしい みずうみの ほとりです。
とってもおおきなアパトサウルスが、
「やぁ」と こえをかけてきました。
「ぼくのからだは、バスよりおおきいでしょ。
すきなたべものは、みどりの はっぱなんだ」
たいきちゃんが なまえをきくと
「ないんだ」
きょうりゅうは かなしそうに こたえました。
「じゃ、なまえをつけてあげる。
ミスター・ビック ってどう?」

「ねえ、みて!
あのやま、ひをふいている!」
たいきちゃんは、
みずうみのむこうを ゆびさしました。
「ああ、あれは かざんだよ。
まわりをみてごらん。
きょうりゅうのくにには かざんや ぬまや
ジャングルが、あちこちにあるんだよ」
「ほんと、すごくあついね」
たいきちゃんが いいました。

そこへ、ステゴザウルスが あらわれました。
「みて! せなかのキザキザ!」
たいきちゃんはさけびました。
「あれは ほねのいたで できているんだ。
ステゴザウルスは あのギザギザで
じぶんのみを まもったり、
あそこから たいようのねつをとりいれて
からだを あたたかくするのさ」
ユニコーンが おしえてくれました。

たいきちゃん と ユニコーンは、
うすぐらいジャングルへ はいっていきました。
かわったかたちのむしや、いろいろなきょうりゅうが
たくさんいました。
あるきまわっていると、とおくから
ビシャビシャと おおきなおとが きこえてきました。
「あんなに おおきなおとを たてているのは
だれだろう?」
たいきちゃんは つきとめたくなりました。

そんなに とおくないところで、
ティエラノサウルスに であいました。
この きょうりゅうは はが おおきくて、
がんじょうなうしろあしで たっていました。
ふといしっぽが からだのささえに なっています。
「あんなに おおきなおとを たてていたのは、
きみだったの!
ちょっとうるさかったから、
ノイジィーっていうなまえを つけてあげる!」と、
たいきちゃんは いいました。
「いま こんなことをしているなんて、
たかくんや、ゆうくんや、さきちゃん
しんじてもらえるかなぁ・・・・・・」
たいきちゃんは おもいました。

きがつくと ユニコーンが ないていました。
「どうしたの?」
たいきちゃんが ききました。
「きょうりゅうたちには なまえをつけてあげたのに、
ぼくには つけてくれないんだもん」
ユニコーンは しょんぼりしています。
「ごめん、ごめん。
そうだ エーリエルなんて どう?」
たいきちゃんが いうと
「いいね!」
ユニコーンが にっこりわらいました。

とつぜん、ねことおなじくらいの おおきさの
コンプソグネイサスが
たいきちゃんたちの よこを かけぬけながら
さけびました。
「ぼくに ついてきて! いいもの みせてあげる」
「はやくはしれるから、
ライトニングって よんでもいいかい?」
と 、たいきちゃんは いいながら
エーリエルと いっしょに すごいスピードで
ライトニングのあとを おっていきました。

やすみなく どんどん はしっていくと、
ごつごつした いわが そそりたっていました。
ライトニングが がけのうえのすを
みせてくれました。
なかには テルーダクティルスのこどもが
3びき いました。
「だれの こども なのかなぁ?」
たいきちゃんは おもいました。

「わたしだよ」 と いうこえが、そらから きこえて
テルーダクティルスが すがたを あらわしました。
たいきちゃん
そらをとべるトガゲが いるなんて
おもっても みませんでした。
「デッキーという なまえにきめた!」と、
たいきちゃんは おもいました。
デッキーが すに おりてきました。
エーリエルが デッキーと
なにか はなしを しています。

エーリエルが たいきちゃん
「そろそろ いえに かえるじかんだよ」 と、
いいました。
たいきちゃん、エーリエル そして
デルーダクティルスは きょうりゅうのくにを
みおろしながら、うつくしいみずうみまで
まいもどってきました。
「なにが あるんだろう?」
きょうりゅうたちが テープやふうせんで きしべを
かざりつけています。
「なにが はじまるの?」
たいきちゃんが きいても、
エーリエルは こたえてくれません。

ちじょうに おりたつと、
ペントセレープスが あいさつにやってきました。
たいきちゃんが すばやく かぞえると、
ペントセレープスのあたまには つのが 5ほん。
「なまえは ペンティーだ!」
たいきちゃんは きめました。
「わたしと いっしょに きてください。
あなたを びっくりさせることが あるんです。」
ペンティーは いいました。

きょうりゅうたちが おおきなケーキを
とりかこんで います。
「だれのケーキなの?」
たいきちゃん、きみのだよ!」
きょうりゅうたちが こえをそろえて いいました。
エーリエルと きょうりゅうたちは、
たいきちゃん
いえに かえるじかんになったことを
しっていたのです。
だから みんなは たいきちゃん
じぶんたちのくにで すごした
きょうのことを おぼえていてほしくて
パーティーを することにしたのでした。

パーティーが おわると
ティエラノサウルスのノイジーが いいました。
たいきちゃん ざんねんだけど
もう じゆうがおかに かえるじかんだよ」
たいきちゃんは、まだかえりたくありません。
でも、たかくんや、ゆうくんや、さきちゃん
しんぱいするし、
みんなに きょうりゅうの くにでの ぼうけんを
はなしたくて たまりませんでした。

たいきちゃんを いえまで
おくってくれたエーリエルが、いいました。
「きみと いっしょで ぼくも たのしかったよ」
たいきちゃんの へやに
もらったケーキが ひとつと、
ともだちになったきょうりゅうたちの
サインのはいった カードが ありました。
「このケーキを
たかくんや、ゆうくんや、さきちゃん
いっしょに たべて、
この ぼうけんの はなしをするね。
さようなら。エーリエル。
ぼくの ねがいを きいてくれて
ほんとうに ありがとう」


たいきちゃん

ユニコーンにあったら おねがいしたいこと

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

──────────────────

ご自由に書き込んでいただけるスペースです


挿し絵とテキスト形式の内容見本です
実際のページ構成 レイアウトとは異なります
絵本のサイズは縦が約26.7cm 横が約21.7cm 厚み約1cmの全35ページ

お子様の冒険心や夢が広がる、恐竜達からの贈り物です


上記のようなラッピングサービスも無料にて承ります。



世界で1つの本、全商品紹介ページへ



こちらの商品はインターネット・FAXでのご注文のみとなります。
9:00〜15:00のご注文は翌営業日発送させて頂きます。
15:00以降のご注文は2営業日の発送です。

お届け日数に関しましては、通常は

メール便(送料無料)で発送日の2〜4日後のお届けです。

宅配便(送料別途)で発送日の翌日〜2日後のお届けです。

※お住まいの地域によって配達日数が多少異なります。

お急ぎの方は、お急ぎ便(宅配便)をお選び下さい。